委員会 基本方針

 

子どもの未来育成委員会 委員長 日浦 孝博

子どもの未来育成委員会 委員長 日浦 孝博
 
子どもの未来育成委員会 基本方針
 
子どもたちを取り巻く環境は日々、変化を遂げており、一人ひとりの価値観が多様化する中、子どもたちには自らの価値観や知識を基に答えを導き、実行する能力が求められます。近年、地域社会においては、人と人とのつながりの希薄化が要因となり、地域の関わりの中で子どもたちが育まれる機会が減少しております。今こそ、地域社会が一体となって岩見沢の次代を担う子どもたちを育もうという気運を高めることが必要です。
地域で子どもたちを育む環境を創出していくためには、大人が自分たちの力で地域の子どもたちを育もうという意識を持ち、子どもたちの育成に参加する意欲を高めることが重要です。地域の大人が自らの経験や知恵を持ち寄り、協働して取り組むことの必要性を理解し、主体的に行動する意識を醸成することで、地域ぐるみで子どもたちの育成に関わる環境が生まれます。また、子どもたちは地域の人々に支えられ学んでいくことで、地域の一員としてのアイデンティティを育み、それが、大人と子どもが一緒に過ごした思い出や記憶と重なり、地域への愛着につながります。地域の大人が次世代の担い手となる子どもたちの育成に関心を持ち、地域に根ざした教育の場を創出することで、人と人とのつながりから子どもたちを育む環境を構築してまいります。
当委員会では、まずメンバーが、地域の大人に対し、地域が一体となって子どもたちを育てていくことの大切さを伝えます。大人が協働して子どもたちの育成に参加することが、子どもたちの可能性を広げるとともに、子どもたちがその地域への愛着を育む重要な役割を持つことを自覚していただきます。そして、メンバーと大人が地域において子どもたちを育むビジョンを共有し、共に学びの機会を創出いたします。大人は、将来この地域の担い手となる子どもたちを育むために必要な人財であるということを自覚することで、率先して子どもたちの育成に参加していく意欲を高めます。また、大人との関わりの中で子どもたちは地域を身近に感じることができ、地域への愛着を育むことにつながるのです。さらに、地域社会が子どもたちを育んでいく環境を創出していくために、市民に向け、大人一人ひとりが身近な子どもたちに関心を持ち、育成に取り組むことの必要性を伝えます。また、地域の大人と共に構築してきた実践事例と成果を市民に発信することで、地域ぐるみで子どもたちを育もうという意識を醸成します。大人と子どもとの関わりが、子どもたちの地域への愛着を育み、次代を担う子どもたちの育成につながるという意識の共感を広げることで、地域が一体となって子どもたちの育成に取り組む意欲の高揚につなげてまいります。
大人が共に手を取り合い、子どもたちのために力を発揮することで、子どもたちは自らの描く未来へ進むことができるのです。そして、その子どもたちが大人に成長したとき、地域で育んでくれた大人の思いを引き継いで、岩見沢の次代を担う子どもたちに紡いでいく人となってくれるものと確信いたします。そんな大人と子どもが郷土愛でつながったまち岩見沢を目指して活動してまいります。
 

未来につなぐ人の巡り構築委員会 委員長 嵯峨 輝幸

未来につなぐ人の巡り構築委員会 委員長 嵯峨 輝幸
 
未来につなぐ人の巡り構築委員会 基本方針
 

現在、このまちの中心市街地は、人の往来によるにぎわいを失いつつあります。まちの顔といえる中心市街地に活気がないことは、市内外から訪れる人の足を遠ざける要因となります。しかし、岩見沢には美術館や芸術の専門課程を持つ大学があり、且つ多くの利用者が臨む駅舎を、中心市街地に隣接する特色を有しております。この環境をつなぐことで、まちの顔に活気をもたらし、それを市民が市内外へ拡げることにより、人の巡りが生まれます。

 

 まちの顔である中心市街地で、岩見沢青年会議所メンバーと関係諸団体が協働して、芸術を活かしたまちづくりを行うことは、市民が行動する活力となります。芸術は創作や鑑賞等、誰もが携われる大きな特徴に加えて、人と人をつなぐ効果を持ち、市民が当事者として携わることができます。市民が当事者として携わることで、このまちへの理解を深め、自らが語れるまちの顔になると考えます。そのために駅舎と隣接する環境や美術館、大学が持つ、それぞれの強みを活かした人の流れを創ることが重要です。人の流れを創り、市民が身近な人へ拡げることで、市外からの来岩意識が高まります。岩見沢を訪れる人が増えることにより、市民がまちの活気を生みだす自信を抱くことができます。

 

 当委員会では、中心市街地に芸術で人の巡りを生みだし、市民がまちの活気を市内外の人に伝えられるまちづくりを行います。そのためには、岩見沢青年会議所メンバーと関係諸団体が、このまちの現状を再認識し、芸術を用いた誰もが携われるまちづくりの必要性を理解することが重要です。互いに協働して、中心市街地に人が往来する環境を築くための意識を高めることで、一人でも多くの市民に伝わる、まちのにぎわいを創ることにつながります。また、まちのにぎわいを創ることで、市民が自ら語れる岩見沢となるためには、岩見沢青年会議所メンバー及び関係諸団体で築いた人の流れを、一人でも多くの市民に、当事者として認識してもらうことが重要です。市民が自ら触れることのできる環境を築くことで、中心市街地を訪れる市民の行動へとつなげます。そして、中心市街地を訪れる、市民の行動から生まれたこのまちのにぎわいを、芸術や岩見沢に興味を示す身近な人へ拡げることにより、市内外の人が中心市街地を訪れる行動への感化を図ります。まちの活気を認識する者が手を取り合い、一人でも多くの来訪者に「また来たい!」という満足感を持ち帰っていただける環境を築くことが重要です。この環境を築いた当事者が拡げることで、まちの顔である中心市街地へ人が訪れることにつながり、市民がこのまちに抱く価値観を高めることができます。

 

 芸術を通じた中心市街地の活気を市民と共に創出することが、岩見沢に人の巡りを生みだすことへつながります。身近な人へ伝えたくなる中心市街地となることで、市民が市内外に誇れる岩見沢になると確信しております。我々、岩見沢青年会議所は、芸術を通じたまちの顔の創造へ向け率先して行動してまいります。
201401071548503160.gif
http://iwamizawa-jc.com/
モバイルサイトにアクセス!
016541
一般社団法人岩見沢青年会議所
〒068-0024
北海道岩見沢市4条西1丁目3番地4
岩見沢市生涯学習センター
いわなび5F
TEL.0126-23-3964
FAX.0126-24-6176

-------------------------------
<<一般社団法人岩見沢青年会議所>> 〒068-0024 北海道岩見沢市4条西1丁目3番地4 岩見沢市生涯学習センターいわなび5F TEL:0126-23-3964 FAX:0126-24-6176