理事長指針

 

岩見沢青年会議所 2018年度 理事長指針

岩見沢青年会議所 2018年度 理事長指針
 
「和衷共済」~示そう我ら青年の気概~
一般社団法人岩見沢青年会議所 2018年度理事長 工藤 勝利

「~はじめに~」
一般社団法人岩見沢青年会議所は、1956年の設立より半世紀以上の長きに渡り絶え間ない努力と熱い情熱、そして自らの使命に誇りを持ち「明るい豊かな社会」の実現を目指し運動を展開してまいりました。これもひとえに、私たちの運動に日頃よりご理解とご協力をいただいております各関係諸団体の皆様、そして力強いリーダーシップと行動力のもと、一般社団法人岩見沢青年会議所の礎を築いてこられました諸先輩方に、改めて敬意を表すとともに感謝を申し上げます。 
私たちは、20歳から40歳までの限られた時間の中で青年会議所の行動理念となる「奉仕・修練・友情」の三信条を軸に活動しております。青年会議所活動とは、まちづくり事業や青少年育成事業などの「奉仕」していく活動の中で、様々な問題や課題に直面しそれを乗り越える過程が自己成長という「修練」となり、その時間を共有した仲間とは一生続く掛け替えのない「友情」を育むことが出来ると考えます。
 私たち一般社団法人岩見沢青年会議所メンバーは、形だけの仲間ではなく、共に流した汗と涙のもと「明るい豊かな社会」を創り上げるため、情熱を持って愛する故郷の発展へとつなげていきます。
 また、本年は2016年度の創立60周年記念式典の場で掲げた、創始の理念を引き継ぎ未来へ向けてさらに力強いJC運動を継承していく、今後5年間の運動の方向性となる中期ビジョン「人巡るまち、いわみざわの創造」の2年目として、初年度で構築した関係を最大限に活かし、次のステップとしてそれぞれが築き上げてきたアイデンティティを地域に根付かせ、岩見沢の価値をさらに高めてまいります。
 
 
「~まちの魅力を活かして市民を笑顔に~」
 私たちの住む岩見沢は、南空知の中核として鉄道と自動車交通の要衝でもあり、また自然環境に恵まれた大変住みやすい地域です。ですが、そのようなすばらしい地域に住み暮らす私たち市民の目には、普遍的に映っているため本来の価値に気づけていないのではないでしょうか。その恵まれた地域にある様々な価値を誰もがまちの誇りと思い、このまちに訪れた人々が再び訪れたくなる、人を引き付けるまちの魅力をさらに磨き上げるべく、市民とともに運動していく必要があります。そのためには、私たち一般社団法人岩見沢青年会議所メンバーだけでなく、市民にも自分たちが住むまちの魅力は自分たちで発見し、創り出し、磨き上げていく当事者意識の醸成は欠かせません。郷土を想い、郷土のために行動できる人々が集い、そして他の青年団体とも協働を図り岩見沢の活性化を進めてまいります。やはり、昔も今もまちを創るのは「ひと」であると考えます。市民一人ひとりが郷土を愛する心を持ち、郷土の明るい未来を想い描きながら、市内外の方々に「好まれるまち岩見沢」を創造してまいります。
 
 
「~次代を担う子どもたちの笑顔を目指して~」
次世代の主人公たる子どもたちが、明るい未来を描くためにも、まちの魅力を生かして子どもたちを育む必要があると考えます。昨今、様々な要因が重なった社会環境の劇的な変化に伴い、コミュニティを形成しているはずの家族や地域でも先行きの見えない時代への不安に心奪われ、子どもたちへの関心が薄れているように感じます。未来ある子どもたちは、コミュニティの中において、お互いを敬う思いやり、善悪を見極める道徳心、そして自らが育った郷土への愛着を大人から学ことで、そこには多種多様な価値観があることを知り、その価値観を認め合い、共生、共存の大切さに気づいていくのです。子どもたちの成長は大人の責任であり、大人が子どもたちの未来を担っているといっても過言ではありません。地域の次代を担う子どもたちの育成には、地域を支える市民の力が不可欠です。一般社団法人岩見沢青年会議所は、これまで私たちの培ってきた様々な事業・事例・人脈をもとに、地域の大人の手で子どもたちの育成に取り組んでいけるモデルケースを創出してまいります。地域の大人として、子どもたちに伝えていかなければならないこと、それは、「ひと」と「ひと」のつながりがこのまちの活気を生み出し、大人から子どもまでが共感する郷土愛になると確信します。
 
 
「~永続的な青年の学舎を目指して~」
 私たちの所属する青年会議所は40歳で卒業を迎える団体であります。毎年必ず訪れる仲間の卒業と新しい仲間の入会が、慣習になることなく青年会議所をさらに活性化へと導き、永続的な発展を可能にしていくと私は感じています。これからも「明るい豊かな社会」の実現に近づくため、私たちの運動を通して市民からより一層の共感をいただき、また一人でも多くの志を同じくする新たな仲間とのまちづくり運動をおこなうために、今年度も会員拡大を最重要事項と考え取り組んでまいります。そのためには、メンバー一人ひとりが青年会議所の行動理念となる奉仕・修練・友情の三信条の意義を改めて理解し、個々の魅力をさらに磨き上げる努力が必要であると考えます。青年会議所活動から様々な見識を得ることで、まちづくりの若きリーダーとして、各企業での中心的役割を担う企業人として、一回りも二回りも大きく成長していくことが地域や企業への社会貢献へとつながるのです。一般社団法人岩見沢青年会議所はメンバー全員で次代へとつながる仲間を求めてまいります。
 
 
 
「~むすびに~」
 「進む・・・ 前に・・・ 確実に・・・ 練習はウソをつかない。日々重ねた努力は必ずカタチになる。昨日より今日、今日より明日の俺を確実に前に進める。」
 私の好きな言葉でもあり、度々心の中でこの言葉を青年会議所の活動と照らし合わせたりします。私たちの運動は決して立ち止まることは許されず、昨日より今日、今日より明日へと未来に向けて進まなければいけない団体なのです。一人ひとり取り巻く環境は違い、その環境下で苦労しているメンバーもいるかもしれません。ですが、出来ない理由を並たり、始めから失敗や挫折に怯えるのではなく、限られた時間の中で自分自身が成長し、このまちが日々「明るい豊かな社会」へと近づくために、何事にも全力で挑戦していくことが今の私たちには必要なのです。頑張れば頑張っただけ何かを得ます。それが成功かもしれないし、失敗や挫折かもしれません。ですが、無理、難題を成長と捉え掲げた目標に向かって頑張らなければ成功も失敗も味わうことはできません。一般社団法人岩見沢青年会議所メンバー一人ひとりが真摯に、ひたむきに、一途の芯を持って、未来に向けての一歩を踏み出してまいります。

201401071548503160.gif
http://iwamizawa-jc.com/
モバイルサイトにアクセス!
016540
一般社団法人岩見沢青年会議所
〒068-0024
北海道岩見沢市4条西1丁目3番地4
岩見沢市生涯学習センター
いわなび5F
TEL.0126-23-3964
FAX.0126-24-6176

-------------------------------
<<一般社団法人岩見沢青年会議所>> 〒068-0024 北海道岩見沢市4条西1丁目3番地4 岩見沢市生涯学習センターいわなび5F TEL:0126-23-3964 FAX:0126-24-6176